— よくあるご質問 (住宅用太陽光発電システム編) —

Q1.太陽光発電システムでお湯はつくれますか?
A.お湯をつくる設備ではありません
  太陽光発電システムは太陽電池が太陽の光を受けることによって発電し、パワーコンディショナなどの機器を
  経由して電気をつくる設備です。

Q2.曇りや雨の日でも発電しますか?
A.曇りや雨の日は発電量が少なくなります (日射の程度、季節により異なります)
  足りない分は電力会社から買いますので、夜間と一緒で日常生活に支障はありません。

Q3.蓄電はできますか?
A.太陽電池と呼ばれていますが、電気をためることはできません
  蓄電池を設置すれば夜間だけではなく、停電時も電気が使えるようになります。

Q4.停電した時に電気を使えますか?
A.晴天時の昼間であれば使えます(発電環境により変動いたします)
  停電しても専用コンセントから最大1500Wまでの電気製品が使えます。
  生命に関わる医療機器など使用できない電気製品があります。

Q5.冬でも発電するのですか?
A.一年中発電します
  季節や地域により一日の日照時間が違いますので発電量は変動します。
  季節としては3月~5月、7・8月の発電量が多くなります。

Q6.雪が積もっても発電しますか?
A.積雪の程度によります
  雪が積もると太陽電池への日射が遮られるため発電しません。しかし、傾斜のある太陽電池へ光が届く程度の
  わずかな積雪であれば、太陽電池のセル部(構成部品)の蓄熱と周囲の気温上昇により一部の雪が融け、発電
  が期待できます。
  豪雪地域では雪が滑り落ちるよう太陽電池の設置角度を工夫したりスプリンクラーを設置する場合があります。
  いずれの場合も、雪の滑落には注意が必要です。

Q7.屋根に負担はかかりませんか?
A.必ず設置前に状態を確認します
  太陽電池(公称最大出力260W)一枚の重さが20kgだった場合、18枚(4.68kWシステム)をのせると360kgになり
  ます。これに架台などを加えても成人男性6~7人の重さ程度ですから、重量による負荷だけで屋根に重大な負
  担がかかるとは考え難いものです。ただし、大容量になればバランスなどの検討が必要です。
  また、老朽化した建物や屋根などは設置に適しませんので、他の設置方法をご提案する場合もあります。

Q8.太陽光パネルに雷が落ちやすくありませんか?
A.雷が落ちやすいということはありません
  屋根や屋上に設置する他の設備と同じです。
  なお、万一の落雷に備え、回路内に一定性能の避雷素子などを設置して誘導雷対策を行っています。

Q9.太陽光パネルは光を反射しませんか?
A.特殊ガラスを使用しているので窓ガラスほど反射しません
  設置する場所や向き、周囲の環境などから配慮を要するか、事前に十分検討します。

Q10.音は出ませんか?
A.パワーコンディショナは運転時にわずかな音を出します
  その音が耳障りにならない場所に設置します。

Q11.何か操作が必要ですか?
A.操作の必要はありません
  太陽光発電システムは、太陽光パネルが発電をはじめると自動的に運転を開始し、発電を終えると自動的に
  停止します。ただし、停電時に電気を使用する場合は、手順に沿った簡単な操作が必要です。

Q12.機器に保証はありますか?
A.保証があります
  各メーカーにより内容や期間が異なり、太陽光パネルの出力保証は10~25年となっています。
  これはその年数に応じたで出力が表示出力(公称出力)より10~20%を下回らないというものです。
  パワーコンディショナや接続箱という機器はほとんど10年保証です。

Q13.メンテナンスや点検は必要ですか?
A.必要に応じたメンテナンスをお勧めします
  太陽光発電システムには可動部分がないため、ほとんどメンテナンスを要しません。
  通常は専用の表示モニターや目視で異常がないか確認いただく程度で問題ありませんが、必要に応じて点検
  などをお受けしております。保証の条件として定期点検を義務付けているメーカーもあります。
  また、パワーコンディショナの寿命は10~15年で、太陽光パネルの期待寿命が20年以上であることから、途中で
  交換が必要となります。

Q14.太陽光パネルは掃除しなければいけませんか?
A.掃除の必要はほとんどありません
  太陽光パネルに木の葉や鳥の糞などが部分的に付着しても、雨によって洗い流されますので発電量にほとんど
  影響しません。しかし、しつこい汚れや交通量の多い道路の近く、工場近くに設置する場合などについては販売
  会社にご相談ください。
  太陽光パネルの表面は強化ガラスで覆われていますので、強風時に飛んできた小石などで傷つくことはありま
  せん。

Q15.設置工事は何日くらいかかりますか?
A.太陽電池などの取付けと電気工事で概ね1~3日です
  屋根の材質や設置場所などにより特殊工事を要したり、荒天で工事ができない場合は若干延びます。
  太陽光発電システムの工事は太陽光パネルのメーカーの工事IDを有する会社が行い、そうでない会社が行った
  場合は保証の対象外となってしまいます。

Q16.太陽光発電システムの設置容量とは何ですか?
A.太陽光パネルの公称最大出力と設置する枚数を乗じた数値です
  例えば、公称最大出力260Wの太陽光パネルを18枚設置すると260W×18枚=4.68kW(4,680W)となり、これを
  設置容量といいます。

Q17.系統連系とは何ですか?
A.太陽光発電システムと電力会社の送電線網をつなぐことです
  系統連系すれば、発電してご家庭で使いきれなかった電気を電力会社へ売れるようになります。
  系統連系するためには電力会社と契約し、売った電力量を測定するための電力量計を取付けます。
  なお、設置容量が大きいと電線交換などの工事を要する場合があります。

Q18.太陽光パネルの変換効率とは何ですか?
A.太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換したときの割合です
  太陽光パネルの変換効率は、1㎡当たり1000Wの光エネルギーをどれだけの電気エネルギーに変換できるかを
  表します。

Q19.設置の方位や角度は発電量に関係しますか?
A.設置の方位で日射量が異なるため発電量に影響します
  南向きが最適で、東西方位は南向きに比べ20%程度発電量が低下します。
  太陽光パネルの角度が20~30度であれば発電量に大きな差は出ませんので、通常は屋根の角度に合わせて
  設置します。

Q20.どのくらいの発電量が見込めますか?
A.システム容量が1kWにつき、年間発電量は1,000倍が目安です
  一般的には太陽光発電システムの設置容量が4.68kWの場合、年間発電量は4,680kWhと考えます。ただし、
  発電量は設置する地域、方位や角度などの設置条件、パワーコンディショナなどのロスにより増減します。

Q21.環境へどれくらい貢献できますか?
A.石油の削減量や二酸化炭素排出の削減量に換算して貢献度を示しています
  太陽光発電システムの設置容量が4.00kWの場合、年間の石油削減量は長野県上田市で1,066リットル(18リット
  ルのポリタンク約59本分)、大阪府堺市で991リットル(約55本分)となります。
  二酸化炭素排出削減量は上田市で1,478kg、堺市で1,375kgとなり、一本の杉の二酸化炭素吸収量が約14kg
  とした換算では、それぞれ約105本、約98本を植林したことになります。

Q22.環境に良い太陽光発電システムも製造にエネルギーを消費していませんか?
A.太陽光発電システムを製造する時にエネルギーを消費しています
  製造で消費される電力を、太陽光発電システム自身で発電した場合どれぐらいの時間が必要か計算すると、
  太陽光パネルの種類により1.1~2.5年となります。
  期待寿命が20年以上の太陽光パネルにしてみれば、わずかな期間で製造時の消費エネルギーを相殺している
  と言えるでしょう。

Q23.発電した電気を売ることはできますか?
A.契約に基づき電力会社へ売ることができます
  発電してご家庭で消費しきれずに余った電気(余剰電力)は、電力会社へ販売(売電)することができます。
  再生可能エネルギーの固定価格買取制度と言い、売電は自動的に行われます。

Q24.補助金はいくらもらえますか?
A.お住まいの自治体により異なります
  補助金を実施している自治体は少なくなりました。
  HEMSなどと組み合わせであれば補助されることもあります。
  詳しくはお住まいの自治体のウェブなどでご確認ください。

Q25.設置費用はどれくらいかかりますか?
A.採用する太陽光パネルの種類や工事内容により大きく異なります
  太陽光発電システムは完全なオーダーメードで、お客様のご希望や設置条件に基づく太陽光パネルの選定
  や工事内容などで設置費用が決まります。
  仮に1kWあたりの単価が30万円であれば、4.68kWのシステムで約140万円となります。これに太陽光発電
  システムの導入による電気代の削減、売電収入、目には見えませんが環境への貢献度も合わせてお考え
  ください。