本文へスキップ

ソーラー電源システム(オフグリッドソーラー)· 蓄電池 · 太陽光発電システムのことなら太陽力株式会社

TEL. 0268-55-8155

〒386-0001 長野県上田市上田3176-6

災害による夜間の停電時も避難行動を助ける ソーラーLED 避難標識

太陽の光を内蔵の太陽電池で電気エネルギーに変換してバッテリーに蓄電、夜間はその電気でLED照明を点灯させる太陽電池内蔵の避難標識です。
バッテリーの電気を使いますので、災害による夜間の停電時も点灯します。

夜間から明け方の時間帯において災害による停電が発生した場合、周囲が暗闇となるため、慣れた道であっても移動には困難が伴うと指摘されています。誘導案内が見えなければ地元民はもとより旅行者などの避難行動は一層難しいものとなります。
さらに導入や運用のコスト、設置場所やスペース、景観保護、デザイン、省エネといった課題もクリアします。


高輝度の照明で明るさを持続
標識一面に埋め込んだ太陽電池は面積当たりの発電量が高く、安定的に発電できる特性を持っています。
光源には高輝度で低消費電力のLED ライトを使用し、高輝度で明るい照明を維持することができます。


毎日の点灯や消灯はコントローラーで自動制御
日没を関知したらLED 照明が自動点灯します。
LED照明は3〜15時間のタイマー設定により自動消灯します。
バッテリーが満充電されていると、曇りや雨の日が5日続いても点灯します。(設置条件などにより異なります)

メンテナンスが容易
照明はLEDを光源に使用することで、交換頻度は約10年に一度です。
バッテリーはニッケル水素電池で寿命は約5年です。市販されているので調達や取り換えを簡単に行えます。


設置コストや維持コストを削減
一般的なLED 看板の導入時に必要な照明具や配線などの諸設備や電気工事の費用を抑えることができます。
もちろん太陽光発電ですから外部電源は使用せず、電気代ゼロでランニングコストも削減できます。


景観を損なわない
標識と太陽電池が一体となっているため、太陽電池の露出によって景観を損ねてしまうことがありません。
観光地や住宅街など、周囲の景観に配慮する必要がある場所にも適しています。


設置場所を選ばない
太陽光発電ですので直射日光が当たる場所であれば設置の制限はありません。
海岸や山中、公園、歩道、駐車場、屋外や既存建物への後付けといった、従来では困難であった場所にも簡単に導入できます。


デザイン

表示面は彫刻デザインとプリントデザイン、8サイズ展開です。
360×360 607×360 1000×420 1800×500(W×H 単位mm) それぞれ縦・横に配置できます。

■ クリアアクリルにデザインを彫刻し着色した『彫刻デザイン』

 • デザインの背景は黒色です
 • LED発光時はデザイン部分が立体的に浮き上がります


■ インクジェットメディアにデザインを印刷した『プリントデザイン』

 • 細かなデザイン、背景色も自由(一部制限あり)
 • LED発光時は標識全体が光ります



ソーラーLED 避難標識 Plus One

ビルトインタイプ(組み込み型避難標識)

太陽の光を内蔵の太陽電池で電気エネルギーに変換してバッテリーに蓄電、夜間はその電気でLED照明を点灯させる太陽電池内蔵のソーラーLED 避難標識を大型表示板などに組み込みます。
これによりサイズの柔軟性、表示面の多様化などのメリットが生まれます。
また、夜間の視認性が高まることから、案内や注意喚起をはじめ防災など効率的な視覚的情報の発信が可能となります。
さらに、ビルトインタイプに付加された電源で、情報収集用のセンサーや通信設備といった各種電子機器の運用が可能になります。

用途などに合わせた設計ができ、電源供給が可能な多機能避難標識は表示の視認性向上にとどまらず、情報通信をキーワードに社会に貢献できる能力を備えています。


各種機器との組み合わせで用途が広がりコストパフォーマンス向上

ソーラーLED 避難標識の電源を利用し、無線LANアクセスポイントなどを稼動させます。これにより、屋外において電力供給が困難な場所でも、電気引込み工事を行うことなく設置するだけで様々な環境を構築できます。

発電用の太陽電池は避難標識に収められているため、周囲の景観を乱すことがありません。


ソーラーLED 避難標識による視認性の高い視覚情報の発信とともに、様々な情報通信を可能にして社会に貢献します。

災害時の通信手段ともなる 無線LANアクセスポイントの環境整備
防犯効果を高める セキュリティーカメラの稼働
クラウド管理システムと組み合わせ徘徊や迷子など 見守りのシステム化
災害時の安否確認など 情報拠点の整備
商業施設や飲食店のクーポン配信、店舗への誘導など 情報発信システムの構築
人感や車感センサーを利用して集客数や交通情報など 情報収集システムの構築


仕 様 (プリントデザイン)

型 番 SLB-S04C SLB-S6036C SLB-S10040C
本体サイズ
W×H×D(mm)
360×360×37 607×352×37 1000×420×37
本体重量 約2.8kg 約4.5kg 約9.0kg
太陽電池 タイプ 単結晶
最大出力 16W 24W 48W
LED  ホワイト
点灯  センサーによる自動点灯 
消灯  タイマーによる自動消灯 
点灯時間 3〜15時間/日(任意設定・インバーター付き)  
バッテリー  充電式ニッケル水素電池 
コントローラー  自動過充電・過放電防止機能付き 
発光体 アクリルエッチング導光板
フレーム アルミニウム(アルマイト加工)
無日照対応日数 〜5日間 ※
動作温度 -10℃〜+40℃
防雨対応 IPX5相当
付属品 取扱説明書、保証書
メーカー保証期間 1年間(日本国内のみ対応可能)
備 考 • 最小サイズのSLB-S01C(202×198×37mm)もございます
• 取付治具はブラケットの他、アンカー式やポール式などの対応が可能
  ですのでご相談ください
• 取付けをご希望の場合は承ります
• 製品が汚れた場合は、シンナーやベンジンなどの有機性揮発溶剤の使用
 を避け、傷をつけないように柔らかい布で導光版を拭いてください
※無日照対応日数は満充電後に1日約12時間点灯する場合の利用可能日数
  です。ただし、天候条件、充電状況により異なります。

• 商品カテゴリ •

お問い合わせ

 太陽力株式会社(本社)

TEL. 0268-55-8155

 大阪支店

TEL. 072-320-1738

  メールはこちら